せっかくなら資格取得しよう!2

【資格取得を目指そう!アート&デザイン業界】

「日本では最先端のデザインや技術を吸収が吸収できない」という方は
海外の学校に通うことをお勧めします。

海外には世界的なファッション、アート、デザインの名門校が多数あります。
世界各国から集まる留学生と一緒に最先端のデザインや技術を学びながら、
自由な発想でデザインの個性を突き詰めていくことは貴重な経験となるはずです。

世界で活躍する日本人デザイナーでも海外で学んだ経験を持つ人は多いです。
やはり海外留学は必須ではないものの、感性が重要視されるこの分野では、
様々な文化や歴史を肌で感じるというのは大事なことのようです。

どのようなコースが世界にはあるかといいますと、

デザイナーコース
洋服、靴、帽子、バッグのデザインや縫製を学ぶほか、
商品管理、マーケティング、バイヤー知識などファッションビジネスを学ぶコースがあります。
こちらはデザイナーになりたい方の一般的なコースになります。

ジュエリーデザインコース
宝石や貴金属のデザインを学ぶものから、
彫金、研磨などジュエリー制作の全工程にかかわる技術を学ぶものまであります。
アメリカに学校が多いです。
宝飾技術の発達したイタリアにも有名校があるので言語を考え留学先を決定する必要があります。

インテリアコース
室内の設計、デザイン、コーディネートやCADを学ぶほか、
家具、照明器具のデザインや建築を学ぶコースです。
住宅、オフィス、店舗などさまざまな空間のデザインを手がける仕事を目指す方にお勧めです。

フラワーアレンジメント
アレンジ技術やデザイン、花の仕入れ・販売、花屋の経営、教える技術まで、
コースによっては幅広く学べます。
本場イギリス・フランスで洗練されたデザインを吸収できます。

映像・映画コース
編集、撮影技術や音声技術、照明技術、制作ディレクション、シナリオ制作などが学べます。
講師が現役のプロだったり、実際に映像制作をしたりと授業はかなり実践的になります。
アメリカ、カナダに多く学校があり、
ハリウッドで働きたいという方はやはりアメリカに留学し人脈を作ることも重要です。

写真コース
カメラ操作、現像やスタジオワーク、写真を通じて表現するコンセプトの作り方などを学べます。
学校はアメリカ、カナダ、イギリスに多いです。
写真家はフリーの方が多いですので、モチベーションの高い人たちと共に学ぶことができます。

ウェブデザインコース
ウェブサイトの設計、デザイン、各種ソフトの使い方、データベース構築などを学べます。
アメリカ、カナダ、オーストラリアに学校が多く、
インターンシップがコースに組み込まれていることもあります。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です