インターンって!?

【現地就職やインターン】

現地就職やインターンはお金が発生するため、簡単にはできないのが現状です。
しかし、実力を認められれば現地就職の道も見えてきます。
どのようなインターン等があり、そしてどのくらいの英語力が必要なのかをお話致します。

日本人ゲストリレーションズ

日本人が多く訪れる観光地のホテルでは、
日本人客のサポートやクレームに日本語で対応できるスタッフが貴重な存在になります。
東南アジアや中国で需要が高く、実習先にそのまま就職するケースもあります。
TOEIC600点以上の英語力が必要になります。

観光インターンシップ

旅行会社でツアーガイドや、航空券の発券業務、ホテル手配などを行います。
業務に必要な端末操作などをマスターすれば帰国後の就職にも有利になります。
TOEIC600点以上の英語力が必要です。

エアラインインターンシップ

航空会社のグランドスタッフとしてチケット発券などのカウンター業務や、
搭乗手続き、到着・乗り継ぎの誘導、乗客の案内など空港内でのカスタマーサービスを行います。
主にアメリカ、カナダで実施しています。
TOEIC600点以上の英語力が必要です。

ビジネスインターンシップ

業種はメーカー、金融、マスコミ、会計事務所、貿易会社などさまざまです。
現地学生のインターンシップが普及しているアメリカ、イギリス、オーストラリアでの受け入れが多いです。
国や職種によっては1、2年の関連分野での実務経験や大学・短大卒業資格が必要になります。
TOEIC700以上の英語力が必要になります。

日本語教師インターンシップ

海外の小・中・高校、大学や語学学校で日本語を教えます。
現地教師のアシスタントとして発音のデモンストレーションをしたり、日本文化を教えることもあります。
日本語学習者の多いオーストラリアのほか世界各国で実施しています。
日本語教授法の受講が義務付けられます。
英語力はそれほど問われないですが、生徒の質問がわかるくらいの英語力は必要になります。

チャイルドケアインターンシップ

保育園で子どもの遊び相手になったり、食事やおやつの準備、
昼寝の手伝いなどの世話全般を先生のアシスタントとして行います。
保育士の資格がなくても子ども好きな人なら参加できます。
欧米をはじめアジア各国で実施しています。
英語力はあまり問われませんが、保育の経験が求められる場合もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です